< 戻る

沖縄)中国人観光客へ店舗情報スマホ決済の暖遊が進出

沖縄タイムス2017-07-28 03:00:00

スマートフォン決済アプリを活用して、中国人向けに店舗情報を発信するサービスを展開する暖遊(上海)が沖縄に進出する。中国人35万人が利用する同社のアプリを通して、中国語で商品や店舗の場所などを紹介し、中国からの観光誘客、旅行先での商品購入、帰国後のインターネット通販につなげる。中国人観光客が急増する沖縄の市場性に着目し、8月には那覇市に拠点を構え、県内の契約店舗の増加を目指す。 暖遊が展開するアプリは、中国人が多く利用するスマホ決済サービスの「WeChatPay(ウィチャットペイ)」「Alipay(アリペイ)」に対応。利用者数を伸ばしている。

海外を旅行する中国人が増える中、韓国、タイ、ドイツで展開してきた。昨年5月に日本法人を東京に設立。国内の契約店舗は約500店で、4カ国の合計は3500店になる。国内で営業展開していたが、全国的にも中国人観光客の増加率の高い沖縄で、展開を重点化する。

県内では那覇市を中心にすでに20店が契約しているという。商品やメニュー、店舗の位置情報などを発信。情報は同社が無料で中国語に翻訳している。